環境方針

 環境方針

東特塗料株式会社は2002年に環境経営を積極的に推進するため、環境基本理念を作成しました。
お客様のニーズをとらえ満足度の高い製品づくりを心がけ豊かな社会の発展に貢献いたします。

                             

東特塗料株式会社は、環境基本理念に基づいた活動方針で「安全と環境」を第一に 企業活動を行なっていきます。また、地域社会との環境の調和を図るため、緑化活動にも力を入れています。

環境への取組み

 環境基本理念

東特塗料株式会社は、「豊かな社会の発展に貢献する」ために、絶縁ワニスに関わる企業活動の継続的 環境保全の向上に努め、地域社会と環境の調和を図ります。

 活動方針

  1. 原材料調達から販売後の使用、サービス、廃棄に至る企業活動において生じる環境影響を的確に捉え、可能な範囲で汚染の防止、保全活動の改善を行う。
  2. 継続的改善を図るため、環境目的・目標を設定し環境マネージメントシステムのレビューを 環境管理委員会で行ない、環境に対する汚染の予防に努める。
  3. 環境に関する法律・規制・条例・地域との協定を遵守する。
  4. 製品の開発の段階から生産・物流・使用・リサイクル・廃棄などを考慮し環境負荷を低減する。
  5. 事業活動で生じる環境への影響を調査、検査、見直しを行ない、環境負荷を低減する為、省エネルギー・ 省資源を推進する。
  6. この環境方針は文書化し、社内LANにて全ての社員に周知徹底するとともにインターネットの ホームページ(http://www.totoku-toryo.co.jp)にて社外に公開する。

 廃棄物削減と省エネルギー

生産活動(化学反応)で発生する副生成物及び排出ガスを、環境に影響を与えないように 配慮した混焼ボイラーの燃料として利用し、発生した熱エネルギーは、反応及び溶解装置の熱源として利用しています。 さらに、ボイラー2基の停止も可能になり、大気汚染物質の発生量も低くなりました。

ボイラー

 廃棄物の分別回収

分別回収

事業系一般廃棄物については、自治体の回収方法、リサイクル回収方法を厳守して分別を行なっています。事業系産業廃棄物については、 法規を遵守して可能な限り細分化(廃油、廃プラスチック類、紙屑、木屑、金属類、ガラス類、瓦磯類、煤塵)を行い、処理業者に対しても配慮を行なっています。 さらに、毎月の安全衛生委員会による巡視で指摘改善も行なっています。

 製品容器のリサイクル

製品の種類ごとに検討を行い、ユーザーである国内各電線メーカー様にも協力して頂き、ドラムの回収を行っています。 洗浄が必要なものは洗浄及び成型を行いドラムのリサイクルを行っています。ドラム以外にも2トンコンテナを使用して、大量輸送にも対応しています。

ドラム工場
コンテナ

 熱媒ボイラーの天然ガス化

熱媒ボイラー1基をA重油から天然ガスに変更することにより、8.1%のCO排出量の削減となります。

ガス化

 太陽光発電システムの導入

太陽光発電

クリーンエネルギー利用の取り組みとして、太陽光発電システムを導入しました。電力使用量削減によりCO排出量を抑制します。 晴天時には1時間に10kWの発電量があり、一日平均約60kWhの電力を発電します。年間発電量は約10,000kW/年であり、CO削減量は約5,550kg-CO/年となります。

 脱臭装置

本庄工場内の一部の施設では、脱臭装置を設置して臭気対策を行っています。(設置施設:電線試作棟,実験室、ドラム洗浄工場、化成品生産室) 工場の真空ポンプ排出ガスは、冷却器を通してデミスタ-による脱臭後に混焼ボイラーで処理しています。

冷却機
ボイラー

 騒音対策

工場より発生する騒音を減少させる為に、騒音の発生源となるポンプなどに消音設備を取り入れております。 工場敷地境界には防音・防臭壁を設置することで、外部への騒音の発生を抑制しております。工場内の騒音は定期的に計測しており、発生する騒音を管理して地域環境に配慮しております。

防音・防臭壁

 水質の社内測定

自主点検として工場排水の分離槽にデジタルpH計を設置して、事務棟でpHと導電率を表示し遠隔監視を行なっております。

事務棟でpHと導電率を表示
デジタルpH計

 緑化推進

緑地は、温室効果ガスである二酸化炭素を吸収、減少させ、熱を地球の外へ放出しやすくすることで、地球の気温上昇を抑えています。 そこで、季節感・心の癒し・砂塵の拡散の防止等も目的として、危険物貯蔵所付近と旧社宅跡地に芝生を張りました。

危険物貯蔵所付近
社宅跡地

 本庄工場周辺の清掃活動

工場真空ポンプ排出ガス

定期的に全社員による工場周辺の清掃活動と、安全衛生委員会による毎週月曜日の早朝巡視を行なっています。 巡視では工場周辺を対象をして、外部から発見できる小さな異常も見逃さず、早期に改善を図っています。 また、自治体の活動にも積極的に参加し、今後も地域の方々との交流を一層深めていきます。